近江鉄道 H4年式 U-UA440NAN

近江鉄道、平成初期は続々と西武バスからの5Eが導入され、非冷房車淘汰に貢献しました。ただまだこの時期でも流用貸切の仕事も多く、
さすがにというわけか、近江八幡に残ってましたワンロマ仕様のB805Lの代替えは新車のU-UA440NANが導入されました。H1年に大津に導入のP-UA33Nと基本は同一、補助いす装備のためT字窓に変更、ABSにシートベルトも装備されてます。

き・359.jpg
滋賀22き・359

き・360.jpg
滋賀22き・360

き・361.jpg

滋賀22き・361

この上、3台はハイバックシートながら運転席側が1-2シート、つり革も装備し一般路線仕様と思えば、新車導入時は補助椅子が両側の席から一列に2席で、座席定員を稼いでました。ただすぐに取り外され、H20年 BKC~大津駅間特急バス開設時にH5年式のワンロマと交換で大津にやって来ました。き・359はH29年に八日市に回り、360は大津に居ますがほぼ貸切専用、き・361はH28年に八日市に転属しましたがこちらもほぼ貸切が専門です。ただ車体更新を受けて、シートもブルー系に一新されH5年式のワンロマよりも長生きしています。

き・362.jpg

滋賀22き・362

き・363.jpg

滋賀22き・363

き・364.jpg

滋賀22き・364

こちらは一般的なワンロマ仕様2-2シートにすぐに取り外されましたが補助椅子も付いてました。き・362とき・363はH20年に大津に移動、R1年9月にあやめ営業所に里帰りしましたがほぼスクール貸切が専門です。

き・364はあやめ営業所に残りLED改造もされましたが、貸切用途に回った時に八日市に移籍また幕式表示に戻りました。シートも赤系のままで一番現在も原型を留めてます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村


この記事へのコメント